HOME > Sound Couture > Night Wedding 2016 (BLESS Interview)

Night Wedding 2016 (BLESS Interview)

Update:2016.04.24
Company:Sound Couture


IMG_3209 (1)

TAG

WEB マガジン「BLESS」さんの

『Night Wedding  2016』 特集

IMG_3212

Sound StylingとBGMについて

インタビューを受けたので

Craftsman Parkでもシェアします。

 

記事はこちら

ナイトウェディング2016

 

どうしても、マニアックで専門的になりがちな内容を、

 

1.インタビューを受け

2.ライターさんに咀嚼してもらって

3.再構成してもらう

 

という過程を経て、

僕ら「Sound Couture」がPartyでどんな風に

空間をコントロールしているのか?

 

ほんの一部ですが

伝われば嬉しいです。

 

さて

 

こんな僕ら、Sound Coutureの

Partyでの空間作りの秘訣を

もっと深く掘り下げて

実際にお話しできる機会が

 

4/29 (祝金) 開催の  at THE CLASKA 

 

です。限定20組40名

と、とても距離の近い参加型イベントになっています。

 

本日 4/24(日)が定員締め切り

興味ある方は、本日19:00までに

クラスカへお問い合わせくださいマセ。

 

キャンセルが数席出て、空きがあるはずです。

Print

では、

来週お会いできることを

楽しみにしています!

 

Sound Couture (Haru)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

         

Sound Coutureとは、Sound = 音、Couture (クチュール) = 仕立て、縫製 の言葉からもイメージ連想するように、「音の仕立て屋」を意味して名付けました。
美しい音をデザインするのはもちろん、セレクト、スタイリング、演出、その空間に対する音のフィット感に至るまで、 まるでオートクチュールの洋服のように、細部の細部にまで音のサイジングにこだわります。
音響(PA)的な要素、DJ 的な要素に加えて、エンターテイメント、ファッション、デザイン、アート的な視点も加え、「この空間を、どんな音楽で、どんな音質で、演出するのがベストなのか?」「 どんな選曲のレイヤーで、空気感を保ち、クライアントとゲストが一体となり、この空間が一番映えるのか?」 「またどんな音響演出で、瞬時に空間を変えることができるのか?」それを提案し、演出できるのが、サウンドスタイリストであり、”サウンドスタイリング” だと考えています。

お問い合わせ先
HP:soundcouture.jp
MAIL:info@soundcouture.jp

ADDRESS : 〒107-0061 東京都港区北青山3-5-6 PORTAL POINT AOYAMA 3F

詳細はメールよりお問い合わせ下さい。
Weddingのサウンドスタイリングは品質を保つため、数量限定となります。(早めの予約をお勧めします)

Pick Up

Ranking

Instagram

"サウンドクチュール" オフィシャルインスタグラム

2018/04/18
【プライベートレッスン】 Weekly Private English lesdon by my teacher @mrremick He always come to my shere office. Yesterday, We talked about japanese magazine “President” english topics. ——————————————————————— 週一のスチュアート先生とのプライベート英語レッスン。毎回オフィスまで来てくれるので(ありがとう!)、忙しくても継続できてるよ。今回は雑誌プレジデントの英語のトピックを見ながら雑談。 やっぱり!なんだけど、ネイティブからしてみると、ちゃんと表現力があればちゃんと伝わるし、そんな細かい文法の違いは気にしてないよ、とのこと。(笑) 英語恐怖症に陥れてるのは、日本人自身の”正しくなければいけない” って在り方それ自体かもですよね、コミュニケーションに正しいも間違ってるもないのに。 僕は、子供のころ重度の吃音で(いまも、疲れが溜まると、軽い吃音がたまに出てくるんだけどね。) 国語の朗読が、いやでいやで、とゆうか、恐怖で仕方なかった。 でも、これも自分の個性だと諦めた時、ずいぶん良くなりました。 英語のレッスンの時、昔の吃音の記憶が蘇るけど、英語がヘタなのも自分の個性だと受け入れると、楽しくなってきたんだよね。 ダメな自分を先ずは認めて受け入れること、そして自分と向き合い、逃げずに努力を楽しむことが大切なのかもしれません。 42歳まだまだ青いです。てゆうか成長が楽しー。 #soundcouture #soundcoutureplus #soundstyling #soundstylist #wedding #weddingbgm #music #party #event #launchparty #openingparty #fasionshow #dj #サウンドクチュール #働く初老 #初老デイズ

43  5