HOME > MORiE Bridal > 着物ドレスの制作の現場

着物ドレスの制作の現場

Update:2020.03.16
Company:MORiE Bridal


トワル7

TAG

着物ドレスの仮縫い準備に入ります。

用意するのは

トワル11
仮縫い用の生地(トワル)とハサミ、ピン、物差し、ボールペン

あれ?
型紙作るんじゃないですか?

という声が聞こえてくるようですが
紙の型紙は作りません。

今回作るのはこのデザイン
   👇
トワルデザイン
中央のぐるぐる部分が帯から。
他はシャンタンの予定です。

着物ドレスと普通の服地から作るドレスとの違いは

着物にしても帯にしても材料の分量に限りがある

ということです。

なので初めから この分量を計算したデザインをしなければならないということです。

今回は袋帯1本を使ってゴージャスに仕立ててほしい 
というリクエストです。

さて まず
トワルを帯の幅にカットして
トルソーにピン打ちします。

トワル12
トワル5
帯の縁をカットしたくないので
ダーツとっていきます。

トワル7
脇布を適当な大きさに切ってトルソーにあてがい
ピンでとめつけていきます。

トワル8
後ろ身頃も同様にして 上半身ができました。

次はスカート部分です。

トワル9
ざっくり止めつけます。

トワル4
後ろスカート部分もざっくり止めつけ
脇をピンでとめます。

トワル6
ざっくりだったところを きれいに止め直して
裾のカットします。

これでほぼ本体は完成です。


トワル1
次に脇のフリフリを付けていきます。

トワル2
スカート部分を作った時と同様
ざっくり止めて バランス見ながら少しずつ直していきました。

トワル3
右半分ができました。

これを次の日の朝 まっさらな気分で見直します。

作っている間は気づかなかったことがぱっと見えたり
実はフリルのことで少し迷っている部分があるので
それも発見したいです。

これをボールペンで印をつけて解体し
左側に写し取って
ミシンで縫製したものを 
「仮縫いドレス」としてご試着いただく段取りです。

コロナウィルスの影響で
今月の結婚式を予定していらしたお客様
イベントのステージ衣装、パーティドレスのオーダーなど
全員キャンセルになってしまいました。

ほんとに苦渋の決断だったことと思います。

早く収束してほしいと願っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

     

Morie Bridal
大切なきものを、大切な日のドレスに
http://morie-tokyo.com/brands_02.html

Morie Tokyo
日本の布のうつくしさを、世界に伝える服
http://morie-tokyo.com


島津山サロン
JR山手線、地下鉄浅草線、東急池上線
五反田駅東口徒歩五分
予約制オーダーサロン
tel : 03-6712-6816
mail : info@morie-tokyo.com

ご予約いただいた方に、詳しい場所をお知らせいたします。

Pick Up

Ranking

Instagram

"モリエブライダル" オフィシャルインスタグラム