HOME > CUCURU > 花嫁着物のいろは vol.5 身のこなし

花嫁着物のいろは vol.5 身のこなし

Update:2015.12.01
Company:CUCURU


0518nice-219

TAG

特別な日の特別な花嫁着物。

 
普段から着物に触れていない方は、
花嫁着物を着た時の所作に戸惑うことも多いのではないでしょうか。
 
本日は御式での「身のこなし」のポイントをご紹介いたします。
 
 
イラスト
 
【立ち方】
脇をしめてあごを引き、腰を引き気味にすると美しく見えます。
新郎と二人で立つときは新婦の肩を新郎の少し後ろにし、
二人が「ハ」の字になるよう意識しましょう。
 
 
 
 
0518nice-219
 
【歩行時】
猫背にならないよう気をつけて、背筋を伸ばしましょう。
顎を引き、3メートル先の地面を見て伏し目がちに。
 
歩幅は小さめに、前に出した足の踵が次の足の爪先部分と重なるほどの幅が理想です。
両膝をつけるように歩くと良いでしょう。
新郎は新婦の歩みにあわせ、ゆっくり歩きましょう。
 
 
 
イラスト2

【着席時】
背もたれに寄りかかってしまうと帯が崩れてしまう上に美しくありません。
椅子には浅めに腰掛け背筋を伸ばしましょう。
 
0519nice-104
【手元】
末広はかなめを右手でしっかりと持ち、左手は下から先を軽く添えるように持ちます。
左手は右手より少しだけ下げて、位置はおへそのあたりに置くと上品に見えます。何も持たない場合は指先をピンとのばして両手をそろえましょう。

花嫁着物は普段来ている洋服と比べると重くて動きづらいもの。
特別な一日に一番輝けるよう体調を万全にして、最高の1日を過ごしてくださいね。
 

CUCURU(くくる)
TEL03-3470-9960
東京都港区南青山4-5-25シンクレア南青102

このエントリーをはてなブックマークに追加

       

はじめまして CUCURU(くくる)です
2014年11月 南青山の一角 赤レンガの建物で
花嫁着物のレンタルサロンをはじめました

着物を存分に愉しんでいただくために
着物は 上質な正絹だけにこだわり
小物は 自由な組み合わせができるよう豊富に取り揃え
同世代のコーディネーターが 花嫁さまの好みに応じた
たったひとつの着こなしを一緒につくりあげていく
一生に一度の結婚式
着物のある美しい風景
もっと気軽に着物に袖を通していただくことで
何百年と続く 日本の伝統と技術を紡ぐ
かけがえのない人との出逢いをも紡いでいく
そんな場であり続けたいと願っております

営業時間 平日 11:00-20:00 土日 10:00-19:00
定休日 水曜日
〒107-0062
東京都港区南青山4-5-25 シンクレア南青山102
Tel:03-3470-9960 Fax:03-6434-9919
E-Mail:info@cucu-ru.com
102 sincrea 4-5-25 Minami-Aoyama Minatoku Tokyo in Japan
info@cucu-ru.com
tel : 03-3470-9960

Pick Up

Ranking

Instagram

"ククル" オフィシャルインスタグラム