HOME > > エンゲージリングのダイヤ、ラウンドブリリアントカットとローズカットの違い

フェイスブック インスタグラム X(旧Twitter) お問い合わせ

エンゲージリングのダイヤ、ラウンドブリリアントカットとローズカットの違い

Update:2023.03.25
Company:atelier tamari


TAG

カットが違うだけで

写真のふくりん枠の2つのリング。

上は直径3.5mmのローズカットダイヤ。下は直径3.8mm程度の0.2ctラウンドブリリアントカットです。大きさもさることながら、カットの方法が違うと、全く違う個性を持つダイヤモンドとなるのがおわかりいただけます。

では、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

ラウンドブリリアントカット

反射や屈折率を計算して研磨し作られた、58面(または57面)の複雑なカットカットが輝きの元となっています。

ダイヤモンドの上から入った光が、石の内部で「全反射」することで輝きます。このカットが正確でないと光が逃げてしまいます。

アトリエタマリのエンゲージリングは、ダイヤモンドのカットグレードが全て「ハート&キューピッド(H&C)トリプルエクセレントカット」という、最上級の正確なカットですので、抜けるような美しい輝きがあります。

ローズカットダイヤモンド

三角形を組み合わせた24面のドーム状で裏面が平らで厚みの薄いカットです。

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドが発明されるまで、主流だったダイヤモンドのカットで「オールドカット・ダイヤモンド」と呼ばれるものになります。

エンゲージリングに仕立てると、アンティークジュエリーのような魅力があります。

左にあるダイヤモンドがローズカット。底面が平で、厚みが少ない

アトリエタマリでは、写真のようなふくりん枠のエンゲージリングで、カットを選んでいただけます。

詳しい説明や制作事例は、こちらに掲載していますので、ご覧くださいーー→『ラウンドブリリアントカットと、ローズカットの違い』

—————–

大阪(心斎橋)の結婚指輪・婚約指輪探しなら

オーダーメイドリングのatelier tamari(アトリエタマリ)まで

お問い合わせはお気軽にLINEからどうぞ。

ホームページ https://atelier-tamari.com


Real Wedding Photoをさらに見る


Feature Articles


クラフツマンパークの送る、結婚前必見の特集記事

Ranking


クラフツマンパーク注目のランキング記事

View All Ranking

Feature Articles

Category


あなたの目的に合わせてブランドをご紹介