HOME > TAGARU > タキシードのシューズ

タキシードのシューズ

Update:2021.06.19
Company:TAGARU


男性のフォーマルシューズ

TAG

タキシードスタイルには《黒いエナメルシューズ》がお約束。
フォーマルなシーンで身に纏う色は黒とされていますよね。
そのため靴も必然的に『黒』

では、なぜエナメルなのかご存知ですか?

ヨーロッパの舞踏会でエナメルを履くことはエチケットの一つ。  
これはエスコートをする際にドレスやカーペットを汚さないようにするためです。
エナメルのお手入れには靴磨きクリームが必要なく、靴墨でそれらを汚す心配がないことから定着したと言われています。

そこで今回は、黒いエナメルシューズについてご紹介します。
ビシッとタキシードに身を包んだら足元まで抜かりなく仕上げていきましょう。

【エナメルシューズ】

フォーマル エナメルシューズ

まずフォーマルシーンでは紐靴が定番です。
諸説ありますが、本場欧米では『靴紐を結ぶ手間も惜しむほど怠け者なのか』という認識から紐靴が鉄則になったとか。

“エナメル” は革を守るためにエナメル塗料を塗って仕上げられます。
水に強く汚れにくいコーティングが施され、耐久性を兼ね備えています。
この強く美しい光沢感がタキシードの拝絹部分と非常に相性が良いのです。

ちなみに “パテントレザー” とも呼ばれ、日本でも徐々に馴染みのある名称になってきました。
アメリカの発明家が開発し特許を取ったことから「特許」=「Patent」。

デザイン

左ストレート、右プレーン2

つま先のデザインは、左側のように横にラインの入ったストレートチップが一番格式の高いものとなります。
次いで右側のプレーントゥ。
どちらを選んでも問題ありません。

内外羽根

紐を通す部分のことを羽根と呼びます。
よく見ると羽根が内側から付いているものと、外側から上に乗せたように付いているものがあります。
左側の内羽根式と呼ばれるものがフォーマルシーンに適しているタイプ。
履口が大きく開ききらず、スマートで上品な印象を与えます。

一方右側の外羽根式では羽根が全開し着脱がしやすく、カジュアルな印象を与えます。

【オペラパンプス】

フォーマル オペラパンプス

さて、基本はエナメルの紐付きシューズとお伝えしましたが、例外でエナメル紐無しがこちら。
シルクのリボンが付いており、パンプスと呼ばれることから女性靴みたいですよね。
ですが歴とした男性靴。
名前の通り、オペラの鑑賞会など華やかな場面での礼装用シューズの一つ。
紐靴の説明と矛盾しますが『非日常感』を足元でも演出した文化です。
そのうち女性靴にも広まり、現在はカジュアルな “オペラシューズ” として男女共に人気があります。

昨今の感覚だと “紐靴でバシッと決めた方が格好いい” と感じる為か、万人受けというよりはパーティーシーンに慣れている方が履いている印象です。

エナメル手入れ

エナメルシューズは指紋がつきやすいので、直接表面を触らないように心がけてください。
当日は万が一に備え、軽くお手入れができるように柔らかい布を持っていくと安心かもしれませんね。
また熱や湿気に弱く、左右をくっつけた状態にするとエナメルが溶けたり剥がれてしまう恐れがあります。
最近の“あるある”では靴にアルコール液が垂れて色落ちした等の事例も多く耳にします。

靴クリームでのお手入れは不要ですが、繊細なものであることは変わりませんので十分ご注意ください。

ちなみに靴下はどの靴の場合でも“座った時に肌が見えない長さ”の黒いものを履いてくださいね。
間違ってもくるぶし丈やカバーソックスはNGですよ。

フリー素材 タキシード

多様化している昨今の風潮では、必ずエナメルシューズである必要はないかもしれません。
ですが、“敢えてハズしたコーディネート” と “知らずしてやっていたコーディネート” では与える印象も異なります。
まずは基本の知識として知っておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

       

TAGARU(タガル)とは、造語で躍動感を意味した言葉です。成りたがる気持ちは向上心=躍動だと捉え、名付けました。
TAGARUのスーツを身につけることで、さりげなくも目を引く存在であってほしい。
そして、やる気に満ちあふれ颯爽と闊歩するあなたの姿を、服作りを通してイメージします。

オーダーメイドは高い、わかりにくいなどのイメージがあるかもしれません。
初めての方でもオーダーは楽しいと思っていただけるように、親切、丁寧、わかりやすくご提案します。

​ フィットさせることだけがオーダーではありません。
培った縫製技術を駆使し、ファッション性と安定した着やすさを追及したデザインで1人1人の個性を引き立たせるスタイルを表現します。
​ オーダーならではのこだわりと楽しさ、美しいシルエットを体感してください。 ​

<お問い合わせ先>

TAGARU表参道店
住所:〒107-0061 東京都港区北青山3-15-5 ポルトフィーノB棟2F-21
電話:03-6450-6400
MAIL:omotesando@tagaru.jp

TAGARU代官山店
住所:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町26-2 sarugaku-e棟 1F
電話:03-5428-6020
MAIL:info@tagaru.jp

TAGARU恵比寿店
住所:〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西1-4-11 福隆ビル2F
電話:03-6427-8655
MAIL:ebisu@tagaru.jp

※ご来店の際はお電話またはメールにてご予約下さいますとお待たせせずにスムーズです。
定休日:水曜日( 祝祭日は営業)
営業時間:11時〜20時
※お盆休み、年末年始休み有
※詳細はお問い合わせ下さい。
尚、ホームページ内のNEWSでも随時御案内しております。

Pick Up

Ranking

Instagram

"タガル" オフィシャルインスタグラム